合同会社の同意書は「総社員の同意書」にすべき

JUGEMテーマ:会社設立

 

1. はじめに

株式会社では何かを決定、変更する場合、株主総会で同意し、議事録を残す必要がありますが、合同会社の場合は同意書を残す必要があります。これら議事録や同意書を法務局などに提出する場合、株式会社の場合は株主リストも添えて提出する必要があります。ただ、ネット上の情報だと、合同会社は社員全員が役員なので、同意書内に全社員(役員)の押印があるため、株主(役員)リストは不要と書かれいましたが、実際はちょっと違うようでした。

 

2. 社員名簿を添付するか総社員の同意書とする

弊社では、実際に過去に同意書を法務局に提出する機会があったのですが、法務局の担当者から「社員(役員)リストがないので、同意書を『総社員の同意書』にタイトル変更してもよいでしょうか」と聞かれ、その場で変更することになりました。これらを踏まえると、実際は以下のようです。

 

  • タイトルが「同意書」とのみなっている場合は、社員(役員)名簿・リストを提出したほうがよい
  • 「同意書」のタイトルを「総社員の同意書」とすれば、社員(役員)名簿・リストは不要

 

上記を踏まえて、弊社ではその後、決定や変更が必要な場合は「総社員の同意書」として記録を残すことにしました。

 

以上、ご参考になれば幸いです。