Fedex(フェデックス)の出荷書類の作成をオンラインでやってみた

JUGEMテーマ:総務・経理

 

米国の企業にNDA(守秘義務契約)を送る必要があり、今回、はじめてFedexを使ってみました。いつもは、郵便局でEMSで送っているのですが、現在、コロナウィルスの影響で米国へのEMS発送は受付を停止中とのこと。そこで、Fedexを使うことに。

 

Fedexのドライバーさんに集荷に来てもらう上で、あらかじめオンラインで出荷書類とインボイスを作成し、印刷しておいてくださいと言われたのですが、このオンライン作成で少し手こずりました。自分の備忘録もかねて、つまずいたポイントを記録しておきます。

 

なお、本内容は以下を前提条件としています。

 

  • Fedex.Comにてアカウント作成(IDとパスワード)が完了している。
  • Fedexのアカウント番号の取得とアカウント番号の登録が完了している。

 

注意!:アカウント番号ですが、Fedex.Comでアカウント登録すると発行されます。ただ、この番号は登録完了後の画面に表示されるだけで、その後、登録内容を記載した通知メールが送られてくるわけでも、ログイン後のアカウント情報で確認できるわけでもないので、必ずこの画面でアカウント番号を控えておいてください(自分は、どうせ後で送られてくる完了通知メール内に記載されているだろうと考え、控えておかず、結局、カスタマーサービスに電話して確認するはめになりました)。

 

 

1. 出荷書類のオンライン作成

まずは、Fedex Ship Managerというサイトにアクセス。

 

トップページで「いますぐ出荷」ボタンをクリック

 

Fedex.Comで登録したIDとパスワードでログイン

 

つまずきポイントは「3. 請求の詳細」、「4. サービス」、「5. パッケージと貨物の詳細」でした。「3. 請求の詳細」の「関税/税金/手数料請求先」は、税金関係は現地(米国)法人が払うべきなので「荷受人」を選択。この時、前方企業がFedexアカウント番号を持っていれば「アカウント番号」に入力します。「4. サービス」で、契約書やNDAなど書類を送るので、「貨物の内容」では「書類」を選択し、「書類の詳細」では「Contracts」を選択します。「サービス」は、スタンダードな書類の送付サービスを使ったので「インターナショナル・プライオリティ」を選択。「受領サインの種類」は、指定なしなどもありますが、受取をする住所(企業)で働いている人に直接受け取ってもらいたいので、「荷受人住所の受取人による」を選択。

 

「5. パッケージと貨物の詳細」では、カスタマーサービスに聞いた所、正本された契約書は、税関に価額を申告する必要があるとのことで、通常、1円〜Fedex専用封筒の価値である100円の間で指定するとのことでした。なので、「総税関申告価額」は「1円」と記入しました。今回、「総運送申告価額」は「0円」としてしまいましたが、本来は税関の価額と合わせて「1円」としておくべきだったかも。「出荷の目的」は、ビジネス用途なので「Commercial/商用品」を選択。※ちなみに、契約書が正本されてたり、ホチキスなどでまとめられておらず、1枚1枚バラバラの状態で送る場合はインボイスは不要と言われました。その場合、「総税関申告価額」と「総運送申告価額」は「0円」でも問題ないのかもしれません。

「6. 通関書類」については、エラーが表示されており、「更新」ボタンを何度クリックしても変わらなかったので、エラーは無視しました。

 

とりあえず、オンラインでの書類作成において感じたつまずきポイントは以上です。

 

 

2. インボイスの作成

前述の通り、契約書が正本されていたり、ホチキスなどでまとめられているとインボイスが必要と言われたので(1枚1枚バラバラであれば不要らしい)、インボイスも作成しました。

 

インボイスは、Fedexのインボイステンプレートページで、直接入力して作成、印刷できます。

 

「INTERNATIONAL AIR WAY BILL NO.」は、上記の出荷書類の作成が完了してれば、Fedexのトラッキング番号が発行されているはずなので、トラッキング番号を入力。「REASON FOR EXPORT」は、「Sending documents」(書類の送付)と記入しました。「TYPE OF PACKAGING(梱包の種類)」はFedexの専用封筒を使ったので「Fedex Envelop」と記入。 今回、正本されたNDAは2部あったので、「QTY.(数量」は「2」とし、「UNIT OF MEASURE(数量の単位)」は「sets」を選択。「UNIT VALUE(単価)」と「TOTAL VALUE(合計)」はそれぞれ1円なので「1.00」と記入しました。「CURRENCY(通貨)」は「JYE」を選択(JPYではなく、JYE=たぶん、Japanese Yenの略?なのですね)し、「INVOICE TOTAL VALUE(インボイス合計価額)」は「1.00(1円)」としました。「HS Code(税率番号)」と「WEIGHT(重量)」は未記入、「Payment Method(支払い方法)」と「Check one(1つ選択)」の部分はチェックを一切入れずに作成し、出荷しました。

 

とりあえず、これで問題なく届いていれば、ここで記載した対応内容は間違っていないということになりますね。結果は来週くらいにはわかるかも。しかし、Fedexのオンラインシステムは複雑で使いにくい、、、と言うのが正直な感想です。

 

やはり、郵便局のEMSのほうが楽で安い。早く復活してくれないかなぁ。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

新しいキャラクターを模索中・・・

JUGEMテーマ:LINEスタンプ

 

テーマをLINEスタンプ指定しましたが、別にLINEスタンプでなくてもよくて、現在、新しいキャラクターを模索中。近所でスズメを見かけたので、悪くないかなと思いキャラクターをドラフトしてみました。オープンキャンバスの使いかたにも少しなれてきたので、引き続き新キャラクターを模索していこうっと。

 

Rainloop(Webメーラー)で2MB以上のファイルを添付できない(ロリポップサーバー)

JUGEMテーマ:ITメモ

 

本日、Rainloopで2MB以上のファイルを添付してメールを送信しようとしたところ、警告が表示され添付できませんでした。

 

調べたところ、ロリポップサーバー側のphp設定で「upload_max_filesize」を変更する必要があるとのこと。

「upload_max_filesize」の設定を2M→20MBに変更したところ、問題は解消し、ファイルを添付して送信できました。

 

ロリポップの場合、設定は2Mか20MBかの二択のみのようです。ただ、「.haccess」ファイルを使うことでそれ以外の設定も可能なようでした(試したことありませんが)。

 

もし同じような問題で悩んでいる方がいましたら、参考になりましたら幸いです。

合同会社の同意書は「総社員の同意書」にすべき

JUGEMテーマ:会社設立

 

1. はじめに

株式会社では何かを決定、変更する場合、株主総会で同意し、議事録を残す必要がありますが、合同会社の場合は同意書を残す必要があります。これら議事録や同意書を法務局などに提出する場合、株式会社の場合は株主リストも添えて提出する必要があります。ただ、ネット上の情報だと、合同会社は社員全員が役員なので、同意書内に全社員(役員)の押印があるため、株主(役員)リストは不要と書かれいましたが、実際はちょっと違うようでした。

 

2. 社員名簿を添付するか総社員の同意書とする

弊社では、実際に過去に同意書を法務局に提出する機会があったのですが、法務局の担当者から「社員(役員)リストがないので、同意書を『総社員の同意書』にタイトル変更してもよいでしょうか」と聞かれ、その場で変更することになりました。これらを踏まえると、実際は以下のようです。

 

  • タイトルが「同意書」とのみなっている場合は、社員(役員)名簿・リストを提出したほうがよい
  • 「同意書」のタイトルを「総社員の同意書」とすれば、社員(役員)名簿・リストは不要

 

上記を踏まえて、弊社ではその後、決定や変更が必要な場合は「総社員の同意書」として記録を残すことにしました。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

失敗談:定款作成時に記載しておくべきこと

JUGEMテーマ:会社設立

 

1. はじめに

来年、初年度の法人税申告をむかえるにあたり、最初はいろいろと準備に手間取ると思い、少しでも時間稼ぎをすることはできないかと調べたところ、申告期限の延長申請なるものを発見。これは、「申告期限の延長の特例の申請書」というものを提出することにより、申告期日を1ヵ月延長できるというもの(ただし、消費税の申告期限は延長できないので注意)。紙1枚提出で期日が延ばせるのであれば、是非とやろうと思ったところ、延長する理由としてい定款に「決算が事業年度末日から3ヵ月以内に確定する」という内容が記載されている必要があるっぽい。弊社の定款をみたところ、みごとに記載がなかった。。。

 

2. 定款作成時に「計算」の章にこれは入れたほうがよい

弊社の定款は、「会社設立freee」を使って作成したのですが、freee側で用意しているデフォルトの内容をそのまま使って作成しました。前述の通り、法人税の申告期限を延長する理由として定款に決算が事業年度末日から3ヵ月以内に確定するということが記載されている必要があるので、これから「会社設立freee」などを使って定款を作成をする場合、定款内の「計算」という章(「会社設立freee」のテンプレートだと、第5章になります)に以下の赤字部分のような内容を追記しておくことをおすすめします。

 

(事業年度および決算
第〇〇条  当会社の事業年度は、毎年〇月1日から翌年〇月末日までの年1期とする。決算は、事業年度末日の翌日から3ヶ月以内に確定する。

 

※上の例はあくまでも参考までに、実際に記載・追記する内容については、税理士にご相談されたほうが確実だと思います。

 

3. 既に登記した定款に決算に関する記載がない場合も大丈夫

弊社のようにすでに定款を作成、登記済みの場合でも、定款を変更することで対応できます。定款の変更には登記が必要なものと、そうでないものがあるのですが、上記の内容であれば登記は不要で、費用もかかりません(定款の変更について詳しく知りたい場合は、「定款 変更」でググれば関連するサイトがたくさんあります)。定款の変更には、株式会社の場合は株主総会での決定と議事録が必要ですが、合同会社の場合は「総社員の同意書」を作成し、社員(=役員)全員の押印があればOKです。具体的には、「総社員の同意書」で、定款の計算という章内に「決算は、事業年度末日の翌日から3ヵ月以内に確定する」内容を追記することに同意および押印(社員全員)し、定款と一緒に同意書を保管しておけば、変更は完了です。
 

 

 

 

 

 

 

失敗談:e-Taxで使う電子証明書はどこがよいのか?

JUGEMテーマ:会社設立

 

1. はじめに

会社で源泉徴収する所得税の支払いで、e-Taxを使っています。e-Taxを使うにあたり、電子証明書が必要となるのですが、当時、特に考えずに、値段が手ごろということで、「セコムパスポート for G-ID」を申し込みしました。

金額は、2年間で税込15,120円でした(当時は消費税8%だったので。現在は税込15,400円です)。最近になって、登記・供託オンライン申請システムを使うようになり、証明書選びに失敗したと感じたので、記録として残しておきます。

 

 

2. 電子証明書はどこを使うのがよいのか?

結論からいうと、法人としてe-Taxや登記・供託オンライン申請システムを使うのであれば、「電子認証登記所の電子証明書」にしたほうがよいと思います。理由は、登記・供託オンライン申請システムで使えるのは「電子認証登記所の電子証明書」のみだからです。今回、印鑑証明書を登記・供託オンライン申請システムで申請しようとして、弊社が使っている「セコムパスポート for G-ID」が使えないことが分かり、ショックを受けました。こんなことなら、事前にしっかりリサーチして、最初から「電子認証登記所の電子証明書」にしておけばよかったと後悔してます。

 

<電子認証登記所の電子証明書が使える範囲>

  • e-Tax、eLTAX、登記・供託オンライン申請システムはもちろん、それ以外にも幅広く使えます。詳細は以下リンク先の法務省のページで確認できます。
  • http://www.moj.go.jp/MINJI/minji06_00028.html#02

 

<電子認証登記所の電子証明書の費用は?>

 

なので、これから電子証明書を検討している人は「電子認証登記所の電子証明書」を検討してみてはいかがでしょうか?

私はセコムパスポートの有効期限がかなり残っているので、しばらく使い続けるつもりです。

 

ちなみに、電子認証登記所とは「東京法務局」のようです(以下リンク先を参考)。http://www.moj.go.jp/ONLINE/CERTIFICATION/GLANCE/glance.html)。

Rainloopで「保存できない」「送信できない」エラーの解決策(ロリポップサーバー)

JUGEMテーマ:ITメモ

 

1. はじめに

弊社では、ロリポップのレンタルサーバーのライトプラン(月額250円)とオープンソース(フリーソフト)のWebメーラーである「Rainloop」を使って、パソコンでの日々のメール確認を行なっています。ただ、問題点が一つあり、日本語では問題ないのですが、英語のメールを作成した際、長文を打つと、かなり高い頻度で「保存できません」「送信できません」エラーが発生し、メールを送ることができなくなります。こうなると、iPhoneのメーラーで送るしか解決方法がなく困っていました。

 

2. 問題の原因

ネットでいろいろと調べたところ、英語ですがGithubのRainloopページに以下の記事を発見。

 

https://github.com/RainLoop/rainloop-webmail/issues/1665

 

これを見ると、どうやらCentOSのSecuritymodなるものを無効にすることで解消されるらしいとのこと。エンジニアでもプログラマでもない私は、Securitymodを無効にと言われても、どうすればよいのかわからず、再度、ネットで調べてみることに。その結果、WAF(Web Application Firewall)なるものに行き着きました。で、ロリポップサーバーにも「WAF設定」があることを発見し、設定を無効にしてみました。すると、エラーが発生しなくなりました。さらにWAF設定を見てみると「ログ」なる項目があります。ログを見てみると、みごとにRainloopのアクセスがブロックされているログを発見。シグネチャという項目に「sqlinj-22」と記載されていました。どうもWAFでこの「sqlinj-22」と判断されて、はじかれているのが根本原因っぽい。

 

3. 解決方法

WAF全体の設定を無効にするとセキュリティ的に不安なので、できれば該当する「sqlinj-22」のみ無効にしたいと考え、「sqlinj-22」をまたまたネットで調べることに。すると、ロリポップサーバーでWordpressにおいて「sqlinj-22」でエラーが発生した場合の対処方法がいくつかころがっていました。Rainloopでも同じように、この「sqlinj-22」を例外として設定すれば問題が解決するのではないかと思い、試してみました。

 

具体的にはRainloopのフォルダ直下(「index.php」がある場所)に、「.htaccess」ファイルを作成し、ファイルの中身に以下を記述します。

 

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-22

 

記述したら、保存します。以上です。試しにRainloopで長文の英語メールを作成したところ、見事にエラーは解消していました。しばらく様子を見てみて、今後もエラーが発生しないようであれば、間違いなく「sqlinj-22」が原因だったと言えそうです。

 

※その後、「sqling-22」以外にも記述が必要なエラーが発覚したので、以下のを参照してください。

 

追記(2019.10.26)

その後、「sqlinj-13」および「sqling-10」というエラーに遭遇し、保存できない問題と送信できない問題が発生しました。そこで、「sqlinj-13」および「sqlinj-22」も前述の「.htaccess」に追加することで問題が解消しました。

 

追記(2019.11.12)

その後、同じドメイン間で転送を行なうと(例えば、〇〇〇@example.comから△△△@example.comに転送するなど)、ふたたび送信、保存ができない問題が発生。調べると「xss-style-8」というエラーが出ていたので、新たに「.htaccess」に追加して、解決しました。加えて、自分自身に転送する場合に、またまた問題が発生。こちらは「crlfinj-4」と「oscmd-14」というエラーだったので、こちらも「.htaccess」に追加。

 

追記(2019.11.21)

その後、画面右上の人マークでプルダウンメニューよりアカウントを切替たところ、画面がうまくロードしない事象が発生。確認したところ、今度は「」というエラーが発生していることを確認。またまた「.htaccess」に追加。どんどん増えてきますね。。。

 

追記(2019.11.24)

その後、なにが原因かわかりませんが、ふたたび「保存できません」「送信できません」エラーが発生今度は「sqlinj-20」というエラーが発生していることを確認。またまた「.htaccess」に追加。うーん。。。WAF設定そのものをオフにすることを検討してみてもいい気がしてきました。

 

追記(2020.4.30)

突然の保存と送信エラーにより、あらたに「sqlinj-9」と「sqlinj-49」を追加しました。半年近く問題なかったのに、突然のエラー発生。ロリポップサーバーが4月27日にPHP7.3.17対応したので、これが原因かと思いましたが、自分はPHP7.1を使っているので、関係なさそう。モヤモヤ感が半端ないですw

 

 

まとめると、「.htaccess」ファイル内に以下を記載すれば問題なく動作すると思います。

 

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-22
SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-13
SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-10

SiteGuard_User_ExcludeSig xss-style-8

SiteGuard_User_ExcludeSig crlfinj-4

SiteGuard_User_ExcludeSig oscmd-14

SiteGuard_User_ExcludeSig bof-try-2

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-20

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-9
SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-49

 

4. 英語圏で同様のエラーに悩んでいる人のために

一応、英語圏の人のためにも、以下に英語で原因と解決方法を記載しておきます。

 

For those people who encountered "Can't save" or "Can't send" error on Rainloop, I found Rainloop was blocked by WAF (Web Application Firewall) in my rental server, as "sqlinj-22", "sqlinj-13", "sqlinj-10", and "xss-style-8" (these are a signature of the illegal access rule of WAF). In my case, by excluding these signatures in the ".htaccess" file, I could solve the issue.

 

1. Create ".htaccess" file under the root directory of Rainloop

2. Edit the ".htaccess" file and add following sentences.

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-22

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-13

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-10

SiteGuard_User_ExcludeSig xss-style-8

SiteGuard_User_ExcludeSig crlfinj-4

SiteGuard_User_ExcludeSig oscmd-14

SiteGuard_User_ExcludeSig bof-try-2

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-20

SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-9
SiteGuard_User_ExcludeSig sqlinj-49

3. Save the ".htaccess" file.

 

If this doesn't work, you may want to consider disabling the entire WAF. Hope this information helps.

 

[Above information was updated on 2020.4.30]

会社設立時に読んでおいてよかったと感じた本

JUGEMテーマ:会社設立

 

 

自分が合同会社を設立し、その際に読んでおいてよかったなと思う本を2冊、紹介します。

 

1. 「会社設立3年目までの税金の本」(冨田健太郎・葛西安寿著)

この本は、会社設立から3年目までに発生する税金について、どのタイミングでどのような税金が発生し、どのような申請をあらかじめしておくべきなのかを俯瞰的に把握できる1冊です。発生する税金や必要な申請について、全体のイメージを理解するのにとても役立ちました。内容は忘れてしまいそうなので、設立2年目、3年目に入る前に、再度、該当する年の税金や申請内容について参照するため、しばらく本棚に置いておく予定です。

 

2.「会社にお金を残したいなら今すぐ経費を増やしなさい」(福岡雄吉郎著)

この本は、キャッシュ(お金)をとにかく会社に残す方法を教えてくれます。中小企業において、キャッシュを残す大事さ、そして実際にキャッシュを残すための方法(節税)を教えてくれる本です。キャッシュを残すことの大切さをあらためて気づかせてくれ、さらには知らなければ損していただろうと思える(逆に言うと、早いタイミングで知っておいてよかったと思える)具体的な節税方法も示してくれ、とても参考になりました。こちらの本も本棚に長期保管すること決定です。

 

以上、ご参考になれば幸いです。

 

 

LINEスタンプの審査実況(2019/10/5):承認されました!

JUGEMテーマ:LINEスタンプ

 

 

本日(10/5)13:22に、LINEクリエーターズよりスタンプが「承認」されたとのメールを受け取りました!

 

早速、LINEクリエーターズで「リリース」ボタンを押して、販売を開始しました。

 

10/1に申請をして、リジェクトを受け、再申請して本日(10/5)に承認されたので、リジェクトがなければ数日で審査が完了していたと思われます。

 

ネット上では、結構、審査に時間がかかるとのことだったので、とても嬉しい誤算でした。

 

本日は、弊社にとって記念すべき日となりました〜。

小さな習慣:なにごとも続かなかった人には希望の光になる本

JUGEMテーマ:オススメの本

 

 

1.はじめに

最近読んだ本で、おすすめするのは「小さな習慣」(スティーヴン・ガイズ著)です。

 

本のレビューはアマゾンにお任せしますが、なにをやっても長続きしなかった自分が、これだったら確かに続けられるかも!と感銘を受けた本です。

 

2. 内容について

簡単に言うと、脳がその行動を習慣化するまで、まずは「ばかばかしくて笑ってしまう」くらい小さな目標設定で習慣化をスタートするというものです。「ばかばかしくて笑ってしまう」くらいとは、著者いわく「1日1回腕立て伏せをする」といったようなもの。

「ばかばかしくて笑ってしまうくらい」のレベルなので、意思を必要とせず、疲れていようとどんな状態だろと、とりあえず出来てしまう。出来てしまうから達成感が得られる→続けられる→習慣化する→1日1回だったのがやがて20回、30回となり、最終的には最終目標であった100回が習慣化して、苦にならずに続けられるようになる。ということです。

 

3. 実践してみて

実際、本のとおり、アブローラー(腹筋を鍛える道具)を1日1回と川合式開脚ストレッチ(3種)を1日1回という目標設定でスタートしてみました。

まだ、1週間程度ですが、私の場合、毎朝起きて、それぞれ1回やって目標達成です。達成感が半端ないです。まったく苦でないです。

 

しかも、毎日、朝の時点ですでに目標を達成しているので、「目標を達成しなければ」「まだ、やっていないな。。。」というプレッシャーがまったくないので、夕方とか夜に少し余裕があるとさらに数回追加で実行しています。これは、すでに達成している目標に対しての(本でいうところの)「ボーナス」として追加でやっています。

 

そして、これが「小さな習慣」の魔法なのです。気づいたら、回数が増えていて、意思の力を要さずとも苦痛を感じることなく、最終的には習慣として無意識に100回やっているようになる。

 

ただ、本にも書かれていますが、「ボーナス」を実行する日がほぼ毎日になっても、安易に目標設定(この場合、1日1回)を変えてはいけないそうです。本当に習慣化するまではそれなりに時間がかかるので、あせらずにと。

 

しばらく実践してみようと思います。この「小さな習慣」なら本当に習慣化しそうだと強く感じています。